• プロフィール

    agura_usa

    Author:agura_usa
    本名:川端 康正
    性別:男性
    誕生日:1974年1月21日
    血液型:O型
    出身地:福岡県

    父親・九州男児、母親・京美人?の間に生まれたハーフ。
    学生時代の留学経験を生かし、アメリカの飲食業に挑戦している熱い37歳。目標は情熱大陸に出ること。

  • カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

  • FC2カウンター

  • App Store

  • アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    ビジネス
    570位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    SOHO・在宅ワーク
    124位
    アクセスランキングを見る>>
  • ブログ内検索


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/05/17(Sun)

ダウンタウン

DSC_0012Tシャツ2

ダウンダウンに行くと、

ポリスが馬に乗っていました。

NYであれば結構見る光景ですが、

LAでは似合いません・・・・・



DSC_0020Tシャツ2

友人のお花屋さんの

美人?な

若い?

2人に顔をだしました。

大学の後輩の

マサコ様。

珍しく、忙しいみたいで

バタバタしています。


DSC_0016Tシャツ2

このクソ忙しいのに

何しに来た(怒)!

みたいな顔の

カワハギ・やっちゃんです。

彼女のニックネームの由来は

観葉植物 ヤス吉のプランターに私が書いたカワハギの絵

に似ていることから

やっちゃんは

カワハギ・やっちゃんです。


DSC_0019Tシャツ2

パソコンに向かい、

お金の計算をしている模様です。

頑張って儲けて下さい。

そう言えば、

先日のWBCの後の会見で使われたお花は

彼女達のお店から出したお花らしく、

儲かったらしいです・・・・・・



DSC_0023Tシャツ2

お花屋さんの番犬・

スクラップです。

いや、

クラッピーです。



DSC_0022Tシャツ2

カメラの蓋を

クッキーと思い食べようとしております。

美人?で若い?

お二人さん!

餌はちゃんとあげて下さい!





DSC_0024Tシャツ2

帰りにダウンタウン一大きな文房具店で

プリンター用のインクを買い、

駐車場に急いでいると、

大きな声で「お前、ここから出るな」

はっ????

「お前の車をレッカーする」!

何をいっているのだ!

「俺の車は有料駐車場に止めていてここには止めていない!、俺の車を

お前は見たのか!」

・・・・・・・・・・・

いきなり罵声を浴び去られ、2日振りにブチ切れる。

結局、自分の間違いを認めない、駐車場管理人。

ダウンタウンで違法駐車が多いは分かるが、

いきなり、罵声を上げて人を悪者と決め付けるのは

いささか許せない。

この国の悪いところは間違いを認めようとせず、

いつも法を縦にしている所です。

まあ、アメリカにいるのだから、日本とは違いしょうがないですね・・・・・・・




DSC_0039Tシャツ2

家に帰り、料理を久々にすることに・・・・・・

ストレスが多いので体に優しいメニュー

今日の献立は筑前煮!

九州の代表的な家庭料理です。

これと、焼酎の愛称はYAZAWA




DSC_0040Tシャツ2

鶏肉を入れ味付けをするだけで

簡単手抜き料理です。

しかし、味は中々良いですよ!

冷凍食品万歳!









スポンサーサイト
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 筑前煮の冷食があるなんて、VIVA!LA!

    しかしそんなトラブルの中、よく写真撮れましたね~

  • クラッピー

    かわいぃ~(#^.^#)

    MAX社長。ブチ切れちゃあ、ダメですよ
    (^_-)-☆アハッ

    人相が悪かったんですかね…
    いつもは爽やかなのに)^o^(

  • 小生のような、
    小者は、
    気が合わないというか、
    スキでないというか
    嫌いな人々と接するときの呪文があります。

    それは、

    この気が違っている人々に対して、
    <白痴>
    とおもうんです。

    又は
    <馬鹿!>
    にって 矢庭に切りつけたくなります。

    勿論、小生自身も油断ならぬ
    <馬鹿>か<阿呆>のどちらかであるけど!!!


    まとめ:MAX将軍の敵は
        我等侍の敵である。

    おわり

  • LAで震度5と、ラジオで速報が!
    工事中のお店は、大丈夫ですか・・・
    結構、揺れたと思うのですが。

  • ふじこちゃん著☆悶々日記



    <ワインの管理>

    ・前書 ・
    ★LAでの工事工程・諸般環境等を
    何も知らない中での、
    言いたい放題の失礼をお許しくださいませ。
    また、十分にご存知のことを、重複して、お書きするも怒らないで下さい。
    さらに、ご検収され尽くされてきたであろう時事を、言い放す無礼事を、
    絶交しないで、読んで下さい。
     
    ・本論 ・
    ☆[ 地下 ] で、ワインを管理している環境の
    レストラン店舗を、時々、目にします。
     
      [ 地下 ] の利点: 
      通常、外界の上昇や下降よりも        
      地下の方が影響が低いとされています。
      とはいいつつ、
      昨今の気温事情からすると、
      地下であっても、
      その中に<冷却機を設備>しなければ、
      管理は不可能のいうのが現況のようです。
             
      まとめ:地下という場所ということで、
      店舗席数に影響しないのと、
      外気の影響を若干和らげることが可能ということ!



    ☆[ 赤、白、] 別に、
    2つのワインセラーがあるとBESTではありますが、

     [ 赤、白、] ともに、
    ワインは 14度-16度が最適と言われています。 
     
     ということですから
     
     赤白共に、1つのワインセラーでの管理も可能です。
     
     そして、
     一般的に、
     
     [ 白 ] は、10度くらいが好まれる事が多いので、
     
     [ 赤、白、] 兼用(14-16度)したセラーから、 出した

     <白>ワインを
     
     氷水に<塩>を入れた、ワインクーラーに入れると
     (<塩>は、温度を下げるのを、加速させます)
     
     <10分>程度で
     
     <10度>まで、温度は落ちます。

     ☆[ シャンパン ] だと 

      瓶が厚くなるので、

      温度が下がるには、
      時間はプラスで必要になります!
      
      また 
      
      [ シャンパン ] の適温は:
       
      ヴィンテージもの=つまりは高級品は、
      <10度>
       
      また香りの高さを披露したときは 
      <12.3度>にすると香りが 広がります! 


      安価なものは、
      BEER(5-6度)より 
      やや高めがいいといわれているようです。
     
      ♪ 氷で 冷えすぎたら 氷だけを抜きとり
        ワインクーラーの中を水だけにするという演出     も、YAZAWAです。
        これらの演出を
        一本を 飲み終える間に、
        複数すると、
        高級ワインやシャンパンを飲まれているお客様に
        満足感を膨らませることに
        つながるだろうと考えます。
        特に、
        サービスの者と会話を楽しみながら
        飲まれるお客様とは、
        「温度はどれがお好みですか!?」などと
        聞きながらのサービスもYAZAWAです!
        演出も、すべてお客様の流れですから、
        まったくしないほうが 
        より効果的なこともあるので、
        そのあたりは、
        <ワイン自身>に<ホーカス>を当てるより
        常に、
        <<お客様の嗜好にホーカス>>を
        当てる方が、
        ワインの美味しさをYAZAWAできるものと     解釈しています。
        すべては お客様の満足感と嗜好で、
        魔法をふんだんにお遣いになれるMAXなら
        YAZAWAだと、容易に想像できます。

    ☆補足:
        白ワインは通常の冷蔵庫での管理も
        いいかもしれません。
        ただ、何年も入れたままにすると
        味の趣が変化することも考えられます。

        適温(14-16度)の枠外
         つまり
        酵母は、適温以下での管理の場合は、
        低すぎると働きが弱まり
        又
        20度を超えるところで管理すると
        酵母が活発になりすぎて、
        ワインのもつポテンシャルのピークが早くきて、    落ちるのも早いとされているようです。

        ただ、
        テーブルワイン等で
        <1ヶ月程度>で回転しきる在庫なら、
        特別な保管もなくても、何も気にする事なく、    EASY GOINGのようです。
                            
                                                おわり


     注意)上記は小生の悶々日記によるもので

        たくさんのご無礼にキレないで下さいませ。
        

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。